新築住宅を工務店に依頼する前に確認すべきポイント

新築住宅を建てる際、悩むところは様々ですが、やはり、

 

  • どの業者に任せればいいのか
  • 工務店とハウスメーカーのどちらがいいのか

 

など、業者選びにお困りの方は多いのではないでしょうか。

 

業者によって出来上がる家は違いますし、価格もマチマチ。

 

工務店、ハウスメーカー共にメリットもあればデメリットもあります。

 

さらに、丁寧な施工をしてくれる業者もあれば、安いけど品質に問題のある業者もあります。

 

そこで今回は、業者の中でも「工務店」にスポットをあてていきます。

 

メリットやデメリット、見極め方、選び方を詳しくお伝えします。工務店選びで迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

 

工務店とは?

 

工務店とは、比較的狭い範囲の地域に根差して住宅関係の様々な業務を取り行っている業者のことです。

 

 

主な業務内容は、

  • 新築住宅(注文住宅、規格住宅)の建設
  • 建売
  • マンション(内装、外装工事)
  • リフォーム
  • 解体
  • 店舗工事

など多岐に渡ります。

 

 

大切になるのは、この中で専属の業務として実績を積み重ねているかです。

 

 

工務店の中には、

  • 新築住宅の実績はあっても、リフォームの実績がない
  • 複数の業務を兼業している

のように、得意分野と苦手分野が業者ごとに大きく異なります。

 

 

失敗しない工務店選びのスタートは、その業者の強みを実績、口コミから把握することです。

 

また、無料相談会から契約、施工、引き渡しまで一括で行う工務店もあれば、ハウスメーカーの下請けとして業務に携わっている工務店もあります。

 

 

前述のような実績のある工務店であれば安心ですが、後述のような工務店は、

  • 設計力が低い
  • 素材、設備の品質が悪い
  • 施工が雑

といった問題が起こる恐れがあります。

 

 

ハウスメーカーと比べて、小規模で地域密着型を取っている分、

  • 繊細な対応
  • あらゆるサービスが充実している

ことが工務店の特徴ですが、様々な部分で差が生じやすいことも事実です。

 

 

なので、工務店の中にもかなりの開きがあると認識しておきましょう。

 

工務店のメリット・デメリット

工務店にはハウスメーカーと比べていい部分と悪い部分がはっきりしています。

 

依頼者が家づくりに求めるものによってどちらにするかを決めることで、より満足度の高い家づくりを行うことができます。

 

それでは、1つずつご紹介します。

 

工務店のメリット

 

信頼できる実績、評判がある
  • 地元での口コミが良い→工務店は地元の口コミが命
  • とにかく親身→相談、要望などを取り入れようと考えてくれる
  • メンテナンスなどの配慮がある

 

担当者が変わらない
  • 少人数経営なので、担当者の変更がない→社長自ら担当する場合も
  • 社員指導も細かくしっかりされている確率が高い
  • 最初の相談からアフターサービスまで一括して担当してくれる

 

要望を取り入れてくれる
  • ハウスメーカーよりも制約が少ないため、要望が通りやすい
  • 構造、工法などにこだわりがあるが、要望に応じて変更してくれる

 

分かりやすい見積書と料金形態
  • ハウスメーカーで取られている「標準仕様」が少ない→オプション等による追加料金が発生しにくい
  • 見積書の内容は詳細で丁寧に記載されている
  • それぞれの説明も口頭で詳しくしてくれる

 

同一条件なら安く済ませられる
  • 広告費、販促費をかけていないため、価格が安い
  • 同価格にした場合、素材などをワングレード上げられる可能性も

 

 

このように、1人1人を大切にし、細かな配慮、しっかりとした対応により地域での実績を積み重ねている工務店がよりよい工務店と言えます。

 

工務店のデメリット

 

会社の規模が小さいことで動きの幅が狭くなる
  • 施工範囲、条件、工法が限られる場合も
  • 注文が殺到している場合、対応に時間がかかる恐れも

 

完成後のイメージが沸きにくい
  • モデルルームを実施していないところが多い→設備や外構選びのために、他メーカーのモデルルームに複数参加しなければならない
  • 完成後にイメージと違ったなどのトラブルになることも

 

社長次第になりやすい
  • 資金計画や税金対策も社長の知識次第
  • 経験の少ない分野の場合、他の業者への依頼が必要→費用がさらにかかる場合も

 

情報力に劣る
  • 流行りや人気など、最新情報が少ない場合も
  • 情報を持っていても、会社規模によっては取り入れられない→取り入れられても提携先が少ないと割高になるケースも

 

施工技術の差が大きい
  • 工務店間でもかなりの開きがある
  • 実績での判断が重要になる→独自で調べる必要があるため、手間がかかる

 

口コミや評判が得られにくい
  • ネットに情報が少ない→いい部分はあっても悪い部分がない場合も。HPにはいいことしか書いてないので判断が難しい
  • HPの更新頻度が少なく、最新の評価が分からない

 

アフターサービスの充実度が低い
  • ハウスメーカーと比較して劣る場合が多い→保証内容や期間に差が出る
  • 倒産してしまった場合、サービスが受けられない場合も

 

 

このように、会社規模が原因で様々なデメリットもあるのが工務店の特徴です。

 

これらは工務店全般として考えた場合の「傾向」なので、当てはまらない工務店も中にはあります。

 

これらの判断をするには、やはり、自分の眼で確かめることと、情報をきちんと収集することが大切です。

 

時間はかかりますが、手間を惜しまず、しっかりと複数業者の比較をして後悔しない家づくりをしてくれる優良工務店を見つけましょう!

 

良い工務店に共通するポイント5選

 

これらを満たしているだけでもかなりいい工務店と言えるので、ぜひ、判断基準として使ってください。

 

新築住宅が主な業務になっている

 

工務店は規模も小さく、経営を行うために複数の業務を行っている場合が多いです。

 

しかし、業務内容が多岐に渡るほど新築の質が悪くなる場合が多いです。

 

 

新築以外の業務を請け負っているということは、

  • 新築の依頼が少ない
  • 技術力がない
  • メーカーの下請けとして施工している

という場合が多いです。

 

 

他にも、

  • 利益率の高いリフォームをメインにやっている
  • 職人の苦手な分野がはっきりしている

など、様々な理由が考えられます。

 

 

家と言っても、新築、建売、リフォームは全く異なるため、専門分野での実績、経験の差が出来上がる家の性能に直結します。

 

 

そのため、いい工務店を選ぶポイントは、

  • 新築を主としている(新築の比重が高い)
  • 新築のみを取り扱っている

といった工務店を選ぶのがベストです。

 

 

また、部門ごとにしっかりとした実績を持っている工務店なら安心して任せることができるでしょう。

 

得意分野、理念、こだわりがしっかりある

 

快適な家づくりのために必要になるのはやはり、

  • 得意分野がしっかりしている
  • 家づくりの理念が明確
  • こだわりをきちんと持っている

この3点を満たしていることが最低条件です。

 

 

これらが行き届いている工務店は、

  • 営業マンが他者との違いを即答できる
  • 営業マンの発言に筋が通っており、説得力がある

のように、営業マンの教育もしっかりされているケースが多いです。

 

 

また、工務店によって

  • 材料にこだわりを持っている→住みやすさ重視
  • 見た目を重視→デザイン性に富んだ家づくり
  • 設備が充実→快適性、機能性が高い
  • 耐久性を重視→メンテナンスも踏まえた家づくり

といったように、様々なこだわりがあります。

 

 

これらを形にするのは、素人ではできません。それは、住宅というものが営業マンと職人が一体となって作り上げる作品だからです。

 

営業マン、実績からこれらの得意分野、理念、こだわりの強さが見て取れるため、必ず確認するようにしましょう。

 

そして、見積もりの説明や相談の際の受け答え等で意識してみるようにしましょう。

 

営業マンの聞き取る能力が高い

 

新築住宅の場合、家への様々な要望を持った依頼者の方が多いです。

 

そこで重要になるのが、営業マンの聞き取る能力です。

 

依頼者の要望を何でも「できます!」と取り入れようとする場合は非常に危険です。

 

それは、要望を詰め込むだけだと間取りにムリが生じるからです。

 

 

これにより、

  • 予算オーバー
  • 快適性が損なわれる
  • 収納がない
  • 住んでみて後悔する

といったような問題が生じます。

 

 

なので、よくあるパターンですが、

  • 要望を伝えたらすぐにすべて取り入れた間取りが出てくる
  • 手書きの間取り図を渡したら、それを清書したような図面が出てきた

といったケースは非常に問題なのです。

 

 

我々素人が希望する間取りを取り入れることで、どのような問題が生じるかを把握できることがプロの仕事です。

 

動線や耐久性、快適性などすべてを考慮した場合、要望をすべて取り入れた理想通りの間取りを造り上げることは至難の業なのです。

 

 

ですから、要望をした際に、

  • 入れたことで生じる問題
  • 快適性が悪い場所
  • 改善策を提案してくれる
  • 要望に似た代替案を提示してくれる

といった説明をしてくれる営業マンは非常に信頼がおけると言えます。

 

 

このように、できる、できない、良い、悪いを明確に伝えてくれる営業マンは非常に優秀な営業マンなので、出来上がる家も素晴らしいものになる確率が高いです。

 

自社完結できる

 

設計から施工までを自社完結できる工務店は、非常に信頼できます。

 

 

工務店として家づくりを行っていても、

  • 契約は工務店
  • 設計は提携している設計事務所
  • 施工は下請けの業者

といった体系のところもあります。

 

 

これでは、要望がうまく反映されないケースが多いですし、希望通りにならない場合が多いです。

 

また、委託する分、余分な費用が発生する(仲介手数料など)恐れもあります。

 

そのため、自社で完結する能力のある工務店=家造りに責任と誇りを持っているといえます。

 

アフターサービスが充実

 

ハウスメーカーと比べると劣ってしまう部分ではありますが、工務店ならではの充実したアフターサービスもあります。

 

 

例えば、

  • 軽い修繕であれば無料
  • 定期的なメンテナンス内容が明確
  • 保証期間外でも安く対応してくれる

といったものです。

 

 

これらは打ち合わせのときに伝えてくれることもありますが、口コミや評判で得られる情報になるため、近隣でチェックするようにしましょう。

 

 

保証期間は10年が一般的ですが、工務店ごとに異なるため、

  • 修理費
  • 軽い修繕の場合の費用
  • 保証期間

の3点はしっかりと比較をすることをおすすめします。

 

失敗しない工務店の探し方

 

いい工務店を探すポイントをご紹介してきましたが、結論を申し上げると自力でいい工務店を見つけることは至難の業です。

 

それは、地域での口コミや情報収集がハウスメーカーと比べて非常に難しいからです。

 

また、口コミの信憑性といった問題もあります。

 

そのため、複数の業者をしっかりと比較して良さそうな業者だけピンポイントに選ぶことが大切になります。

 

そのためにとても便利なサービスが「業者一括比較サービス」です。

 

この比較サービスは日本全国で国家基準をクリアしたと認定を受けた優良業者が希望に合った間取り図、土地情報、資金計画書を作成してくれます。

 

最初から条件が分かっているので、良し悪しもすごくわかりやすくなります。

 

良い工務店探しは複数業者の比較から。

 

入力も5分程度でできるので、おすすめですよー!